ポケットWiFi|100GBプラン比較

ポケットWiFi13社の100GBプランを月額料金を含め比較してみました。

現在
月額料金 初期費用 契約期間 データ量 使用回線 端末 評価
どこよりもWiFi 3,080円 3,000円 2年 100GB 3大キャリア 無料レンタル 4.7
Mugen WiFi 3,050円 3,000円 2年 100GB 3大キャリア 無料レンタル 4.5
クラウドWiFi東京 3,150円 3,000円 2年 100GB 3大キャリア 無料レンタル 4.5
それがだいじWi-Fi 3,250円 3,000円 2年 100GB 3大キャリア 無料 4.3
ポケットモバイル 3,250円 3,000円 2年 100GB 3大キャリア 無料 4.3
ギガWi-Fi 3,250円 3,000円 2年 100GB 3大キャリア 無料 4.1
クイックWiFi 3,250円 3,000円 2年 100GB 3大キャリア 無料 4.1
NC WiFi 3,250円 3,000円 2年 100GB 3大キャリア 無料 4.1
最安値保証WiFi 3,280円 3,000円 なし 100GB 相当 Softbank 無料レンタル 3.9
ZEUS WiFi 3,480円 3,980円 なし 100GB 3大キャリア 無料レンタル 3.8
NOZOMI WiFi 3,480円 3,980円 なし 100GB Softbank 無料レンタル 3.6
STAR Wi-Fi 3,680円 3,980円 なし 100GB 相当 Softbank 無料レンタル 2.9
地球WiFi 3,980円 3,000円 3年 100GB 3大キャリア 無料 2.5

ポケットWiFi各社は自社が最安値と謳う傾向があります。

何と比較して最安値なのか不明な業者が多数ありますので一覧表にしてみました。

いまから「100GBプラン」を提供している業者を検証していきますので参考に下さい。

ポケットWiFi|100GBプラン最安値

ポケットWiFiを選ぶ際には最初に料金だと思いますが、価格だけで決めてしまうと思わぬデメリットがある場合があります。

ランキング3社を決めたのには理由があります。

これから3社のサービス内容やデメリット・メリットを解説していきます。

ポケットWiFi|おすすめ3社の解説

それでは、ポケットWiFiおすすめ3社をランキング順に解説していきます。

各社の特徴やデメリット・メリットをリストアップしています。

ランキング1位|どこよりもWiFi

ランキング1位 どこよりもWiFi

どこよりもWiFiは、以前までの「無制限プラン」は新規受付を停止し、2020年8月25日より現在のプランにリニュアルされました。

現在、ポケットWiFi「100GBプラン」で、月額3,080円は業界最安値になっています。

また、クラウドSIM端末により、国内では3大キャリア「docomo・au・SoftBank」回線が使え、海外でも手続き要らずWiFiが利用できます。

運営会社の株式会社Wizは、料金だけではなくサポート体制もしっかりしており人気のWiFiになっています。

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi 料金プラン

どこよりもWiFiの料金プランは、2年契約の「しばりありプラン」と、契約期間の無い「しばりなしプラン」の2プランがあります。

どこよりもWiFi プラン詳細
しばりありプラン しばりなしプラン
月額料金 3,080円 3,780円
事務手数料 3,000円 0円
契約期間 2年 なし
月間データ量 100GB
初回月 日割り
回線 docomo・au・SoftBank
利用端末 U3 / U2s
端末費用 新品・無料レンタル
端末補償 月額 400円(オプション)
端末発送 翌日発送(土日祝を除く)
海外利用 世界134ヶ国
支払方法 クレジットカード
クーリングオフ 8日以内

100GBプランの他に20・50GBプランも用意されています。

機器補償サービス 月額400円

機器補償サービスは、端末の補償オプションで月額400円となっています。

端末が故障すると新品又はリファビッシュ品と無料で交換してくれます。

加入条件は、契約時に加入し契約途中での加入はできません。

紛失・盗難・経年劣化は補償対象外になっています。

未加入の場合は交換費用に18,000円が発生いたします。

どこよりもWiFi 端末について

ポケットWiFi各社、GlocalMe社の端末を採用していますのでまとめて解説しています。

端末詳細は、下記の端末スペックでご確認いただけます。

どこよりもWiFiの採用端末は「U2s、U3」の2機種になっています。

尚、端末は翌日(土日祝を除く)に発送されます。

どこよりもWiFi 5つのメリット

どこよりもWiFi、5つのメリットや特徴を見ていきましょう。

  1. 100GBプラン最安値の月額3,080円
  2. 3大キャリア回線に対応
  3. ルーター(端末)は無料レンタル
  4. しばりなし・ありプランから選べる
  5. 海外100ヶ国以上でWiFi利用可

100GBプラン最安値の月額3,080円

どこよりもWiFiは、100GBプランでは業界最安値の月額3,080円で利用できます。

現在、ポケットWiFiの「100GBプラン」でダントツの最安値になっています。

3大キャリア4GLTE回線に対応

どこよりもWiFiは、3大キャリア「docomo・au・SoftBank」の4GLTE回線に対応しています。

SoftBank回線に繋がることが多いですが、エリアによってdocomo・auの電波もしっかり掴みます。

回線へのアクセスは、端末側で自動識別しますので設定は不要です。

このように3大キャリアのサービスエリアであれば、どこからでもネットへアクセスができます。

基地局が多いdocomo回線を利用できるのはメリットになります。

ルーター(端末)は無料レンタルで0円

どこよりもWiFiは、最新ルーターが無料レンタルされますので費用は0円です。

  • しばりありプラン:新品
  • しばりなしプラン:新品 or 中古

「しばりなしプラン」は中古ルーターがレンタルされる場合があります。

送られて来るルーターは、各ポケットWiFiの定番モデルで操作性も良いです。

しばりあり・なしプランから選べる

どちらのプランも大容量100GBですが、契約縛りのあり・なしの違いです。

  • しばりありプラン 月額3,180円:契約期間2年
  • しばりなしプラン 月額3,780円:契約期間なし

このように「しばりなしプラン」であれば契約期間がありませんので、いつでも解約できます。

とにかく安くポケットWiFiを持ちたい人は「しばりありプラン」というような選び方ができます。

尚「しばりなしプラン」から「しばりありプラン」へ変更も可能です。

3~6ヶ月といった短期なら初期費用・違約金0円の「しばりありプラン」がおすすめです。

月額料金だけは譲れない派は「しばりありプラン」の一択になります。

海外100ヶ国以上でWiFi利用可

どこよりもWiFiは、クラウドSIM端末採用により海外134ヶ国でWiFiが利用できます。

クラウドSIMとは、端末に物理SIMが入っていませんので、SIMの入れ替え不要で世界中でWiFi利用できる仕組みです。

現地で電源ONにするだけでWiFiへ接続しますので超簡単です。

設定や手続きは一切不要です。

料金は、各国1日780円で1GBまで利用できます。

利用料金は使った日数分で、利用の無い日は0円です。

ポイント

どこよりもWiFiの海外利用料金1日780円は、ポケットWiFiで最安値になっています。

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi 3つのデメリット

どこよりもWiFi、3つのデメリットや注意点を見ていきましょう。

  1. ルーター(端末)壊すと損害金
  2. しばりなしプランは端末クリーニング代
  3. 支払方法はクレジットカードのみ

端末を壊すと機器損害金が発生

機器補償サービスに未加入の場合、端末を故障・損壊・紛失すると機器損害金18,000円の交換費用が発生します。

他社WiFiでも弁償費用は15,000~25,000円なので、横並び的な費用ですが少し高いような気がします。

しばりなしプランは端末クリーニング代

契約期間のない「しばりなしプラン」のみ、解約時に端末クリーニング代2,000円が発生します。

意味不明な費用ですが一応お知らせしておきます。

支払いはクレジットカードのみ

どこよりもWiFiの支払い方法は、クレジットカードのみとなっています。

デビットカード、プリペイドカードも利用できません。

クレジットカードを持っていない人へは、買い切りの「どこよりもプリペイド」を案内しているようです。

どこよりもWiFi 評判・口コミ

どこよりもWiFiのTwitterでの評判と口コミを見ていきましょう。

USENでスピードテスト下り26.24Mbps

どこよりもWiFiの端末がフル充電された状態で届くとの口コミです。

この方はUSEN GATE 2スピードテストをされたようで「下り26.24Mbps・上り10.66Mbps」計測されているのが分ります。

どんなときもWiFiから移行

2020年2~3月に大規模障害を起こした「どんなときもWiFi」から「どこよりもWiFi」に乗り換えた方です。

どんなときWiFi(新規受付停止中)から他社へ乗り換える人は多いです。

100GBプランならどこよりもWiFi?

この方の口コミように「どこよりもWiFi」は全体的に良心的な会社です。

解約ぼったくりみたいなポケットWiFiもありますので気をつけましょうね。

無制限プランの新規受付は終了

以前にあった、無制限プラン(2020年8月新規受付停止)に契約している方の口コミです。
それにしても300GB超えとはかなりヘービーユーザーの方です。

通信速度は「下り34.7Mbps・上り21.1Mbps」計測されているのが分ります。
速度制限になると「下り0.04Mbps・上り0.06Mbps」と超遅です。

口コミ:まとめ

どこよりもWiFiの通信環境は口コミからも非常に安定しているようです。

他社WiFiからの乗り換えも多いのも評判が良いからだと思います。

気になる通信速度は「下り26~34Mbps」を計測されていますので、YouTubeや動画配信サービスも快適に視聴できる速度になっています。

≫ どこよりもWiFi|公式サイトへ

どこよりもWiFi 解約について

どこよりもWiFiの解約について説明していきます。

解約方法

どこよりもWiFiには、専用の「解約申請フォーム」が設けれています。
解約や初期契約解除の際は下記からお手続き下さい。

・しばりありプラン
当月25日までに申請すると、当月末での解約となります。

・しばりなしプラン
申請した月の翌月末に解約となります。

解約違約金

2年契約の「しばりありプラン」は、途中解約すると以下の解約違約金が発生します。

違約金0円で解約するなら、25ヶ月目の契約更新月になります。

しばりありプラン・違約金
初回月~24ヶ月 9,500円
25ヶ月(更新月) 0円
26ヶ月~ 9,500円

更新

解約申請がない限り2年毎の自動更新となります。

どこよりもWiFi 運営会社

サービス名:どこよりもWiFi
運営会社:株式会社Wiz
所在地:〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-25-15
電話番号:03-4346-0708
ホームページ:https://012grp.co.jp/

どこよりもWiFi まとめ

どこよりもWiFiは、ポケットWiFiとしての運営実績も長く運営会社もしっかとしていますので安心して利用できるWiFiです。

端末在庫も豊富で、他社が在庫切れになっても「どこよりもWiFi」は安定的に出荷されています。

サポート体制が充実していますので、ポケットWiFiを始めて持つ人にも安心です。

また、100GBの他に、20GB・50GBプラン用意されおり、利用シーンに合わせて選ぶことができます。

Left Caption
「どこよりもWiFi」の解説はここ迄です!

ランキング2位|Mugen WiFi

ランキング2位 Mugen WiFi

Mugen WiFiは、ポケットWiFiで主流プランになっている100GBプランで業界最安値級です。

以前のMugen WiFiは「無制限」でしたが、2020年9月7日より現プランに変更されました。

3大キャリア(docomo・au・SoftBank)回線を利用でき、広いエリアでWiFiが利用可能です。

また、クラウドSIM採用により世界100ヶ国以上でWiFiが利用できます。

最大の特徴は30日間の全額返金保証制度があることです。

≫ Mugen WiFi|公式サイトへ

Mugen WiFi 料金プラン

Mugen WiFiは2つの料金プランがり、利用する端末によって料金が変わります。

Mugen WiFi プラン詳細
格安プラン アドバンスプラン
月額料金 3,050円 3,880円
利用端末 U3 G4 PRO
月間データ量 100GB
回線 docomo・au・SoftBank
事務手数料 3,000円(初期費用)
契約期間 2年
初回月 1ヶ月分(日割りなし)
端末費用 新品・レンタル無料
端末補償 月額 500円(オプション)
端末発送 即日発送(土日祝を除く)
海外利用 世界134ヶ国
支払方法 クレジットカード
クーリングオフ 30日以内

MUGEN 補償オプション 月額500円

MUGEN 補償オプションは、端末が故障や壊れたりすると補償してくれるオプションサービスです。

補償対象は「故障・損壊・全損・水濡れ」で、無料で修理・交換してくれます。

補償対象外は「盗難・紛失」です。

加入条件は、契約時に加入し契約途中での加入は不可です。

Mugen WiFiの端末には、1年間のメーカー保証がついていますので不要なオプションといえます。

Mugen WiFi 端末について

ポケットWiFi各社、GlocalMe社の端末を採用していますのでまとめて解説しています。

端末詳細は、下記の端末スペックでご確認いただけます。

Mugen WiFiの採用端末は「U3、G4 PRO」の2機種になっています。

端末発送は平日14:00迄に申し込むと即日発送されます。

Mugen WiFi 6つのメリット

Mugen WiFi、6つのメリットや特徴を見ていきましょう。

  1. 100GBプラン業界1位の月額3,050円
  2. 3大キャリア回線を採用
  3. 30日間全額返金キャペーンあり
  4. 端末(ルーター)は無料
  5. 無料の次月利用オプション
  6. 海外でもWiFiが利用可

100GBプラン業界1位の月額3,050円

Mugen WiFiの月額料金3,050円は、100GBプランで最安値級になっています。

100GBプランでは業界1位の月額料金です。

3大キャリア回線を利用できる

Mugen WiFiは、docomo・au・SoftBank、大手3社の4GLTE回線を利用できます。

端末側で快適な回線を自動識別しますので、自分での設定は一切不要です。

LTE回線の特徴として、電波状況が悪いとされる地下や地下鉄でも繋がりやすいことです。

30日間の全額返金キャンペーン

Mugen WiFiには、他社では見られない「安心全額返金保証」があり30日以内であれば無料で契約解除できます。

通常であれば、総務省が定めた初期契約解除制度は8日間ですが、Mugen WiFi独自に30日の期間を設けています。

  • 電波状況が悪い
  • 通信速度が遅い
  • WiFiを使わなくなった

上記のような理由であれば、30日以内であれば無料で契約解除できます。

申請方法は、

  1. 安心全額返金保証:希望
  2. 解約理由:〇〇〇
  3. 決済番号:〇〇〇

問い合わせフォームから上の3項目を記載し送信してください。

端末は実質無料で貰える

Mugen WiFiは、最新端末が無料レンタルされますので端末費用は0円です。

レンタル端末の場合、通常なら解約すると返却しなければなりません。

しかし、Mugen WiFiは2年の契約を満了すると返却の必要がなく実質無料です。

レンタルされる端末は新品です。

次月利用オプション・無料

Mugen WiFiは、初回月の日割り計算がないため「次月利用オプション」が用意されています。

申し込み時にこのオプション選択すると翌月1日に端末が到着します。

これによって初回月から無駄の無い契約ができます。

急ぎでない場合は、無料の次月利用オプションを利用しましょう。

海外でもWiFiが利用できる

クラウドSIM採用で、世界134ヶ国でWiFiが利用できます。

手続きは一切不要でお手持ちの端末がそのまま使え、電源ONにするだけで渡航先でもWiFiへ繋がります。

利用料金は、エリア01・1日1,200円/1GB、エリア02・1日1,600円/1GBとなっています。

利用料金は使った日数分で利用しない日は0円です。

≫ Mugen WiFi|公式サイトへ

Mugen WiFi 3つのデメリット

Mugen WiFi、3つのデメリットと注意点を見ていきましょう。

  1. 初回月の日割りに未対応
  2. 速度制限後は128Kbps
  3. 支払いはクレジットカードのみ

初回月の日割り計算に対応していない

Mugen WiFiには、初回月の日割り計算がありませんので月途中で契約すると損をします。

10日に契約しても25日にしても1ヶ月の月額料金が掛かります。

損しないように前述した「次月利用オプション」を利用するようにしましょう。

端末をすぐに持ちたい人は、日割り計算されない事を分かったうえで申し込みしましょう。

100GB超えると速度制限(128kbps)

契約容量の月間「100GB」を超過すると速度制限になります。

どのポケットWiFiも契約容量を超えると速度制限になりますが、Mugen WiFiは128Kbpsと他社より低速です。

他社では制限後384kbpsのところもあります。

Mugen WiFiの低速化(128kbps)は他社より遅そめです。

支払いはクレジットカードのみ

Mugen WiFiの支払い方法はクレジットカードのみです。

デビットカードも不可で、口座振替にも対応していません。

Mugen WiFi 評判・口コミ

Mugen WiFiのTwitterでの評判と口コミを見ていきましょう。

次月利用オプションを使う

無料オプションの「次月利用オプション」を使い契約されたようです。

光回線からMugen WiFiへ乗り換えた方の口コミです。

30日返金保証が有りしっかり試せる

Mugen WiFiは「30日間の全額返金キャンペーン」があるので、この方のようにしっかりと試すことができますね。

通信速度も問題ないようです。

どんなときもWiFiから乗り換え

2020年2~3月に大規模障害を起こした、どんなときもWiFiからMugen WiFiへ乗り換えた方です。

下り速度41.19Mbps、上り速度21.11Mbpsが計測されているのが分ります。

かなり快適な様子が伺えます。

口コミ:まとめ

みなさん、Mugen WiFiのメリットである「次月利用オプション」使ったり「30日間返金保証」でお試しをしているようです

通信速度に関しても40Mbp↓↑計測されていますので、この速度であれば動画やVODも快適に視聴できます。

≫ Mugen WiFi|公式サイトへ

Mugen WiFi 解約について

Mugen WiFiの解約について説明していきます。

解約方法

解約する際は、下記の解約申請フォームからの手続きになります。

解約違約金

2年間の契約途中で解約すると以下の解約金が発生します。

2年の契約を満了し、25ヶ月目以降はいつでも0円で解約できます。

解約違約金
初回月~12ヶ月 9,000円
13~24ヶ月 4,500円
25ヶ月以降 0円

端末返却は、2年以内の途中解約は返却が必要ですが、2年契約を満了すると返却は不要です。

Mugen WiFi 運営会社

  • サービス名:Mugen WiFi
  • 運営会社:株式会社surfave
  • 所在地:〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1丁目15-1-204
  • 電話番号:0120-692-402
  • ホームページ:https://www.surfave-inc.com/

Mugen WiFi まとめ

Mugen WiFiは100GBプランでポケットWiFi最安値級で使え、オプション等もユーザーにはお得なものがあります。

価格だけではなく、サービス面でも優位性があり選んで価値のある、今イチオシのポケットWiFiです。

Left Caption
「Mugen WiFi」の解説はここ迄です!

ランキング3位|クラウドWiFi東京

ランキング3位 クラウドWiFi東京

クラウドWiFi東京は、現在ポケットWiFiでは主流の100GBプランにおいて、月額3,150円と業界最安値級になっています。

以前のクラウドWiFi東京は「無制限」でしたが、2020年10月より「100GBプラン」にリニュアルされました。

使用回線もSoftBankから、トリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)へバージョンアップされ人気のWiFiになっています。

また、端末はクラウドSIM採用し海外134ヶ国でWiFiが利用できます。

≫ クラウドWiFi東京|公式サイトへ

クラウドWiFi東京 料金プラン

クラウドWiFi東京の料金プランは2つ用意されています。

クラウドWiFi東京 プラン詳細
新品端末
レンタルプラン
端末
レンタルプラン
月額料金 3,150円 3,380円
利用端末 U3 U2s
月間データ量 100GB
回線 docomo・au・SoftBank
事務手数料 3,000円 3,980円
契約期間 2年 なし
初回月 1ヶ月分 日割り
端末費用 新品・無料 中古・無料
端末補償 月額 400円(オプション)
端末発送 即日発送(土日祝を除く)
海外利用 世界134ヶ国
支払方法 クレジットカード
クーリングオフ 8日以内

安心補償オプション 月額400円

端末の補償オプションで月額料金400円で以下の場合に補償してくれます。

水濡れ・故障は無料で修理してくれます。

紛失・盗難は、15,000円を支払うと新しい端末が送られてきます。

加入条件は、契約時に加入し契約途中での加入はできません。

ポイント

結論から言いますと不要なオプションで、加入してもメリットはありません。

クラウドWiFi東京 端末について

ポケットWiFi各社、GlocalMe社の端末を採用していますのでまとめて解説しています。

端末詳細は、下記の端末スペックでご確認いただけます。

クラウドWiFi東京の採用端末は「U2s、U3」の2機種になっています。

端末発送は平日14:00迄に申し込むと即日発送されます。

尚、東京新宿店で店頭受取りも可能で申し込み時に選択できます。

クラウドWiFi東京 6つのメリット

クラウドWiFi東京、6つのメリットや特徴を見ていきましょう。

  1. 月間100GBで業界2位の月額3,150円
  2. 3大キャリア回線が使える
  3. 契約縛りの無いプランもある
  4. 端末(ルーター)は無料レンタル
  5. 契約時に公的書類は提出不要
  6. 海外でもそのままWiFi利用

月間100GBで業界2位の月額3,150円

クラウドWiFi東京の月額料金3,150円は、100GBプランで最安値級になっています。

100GBプランでは業界2位の月額料金です。

3大キャリア回線が使える

クラウドWiFi東京は、3大キャリアの「docomo・au・SoftBank」の4GLTE回線を採用しています。

3キャリアの中から最適な電波を掴むので、広いエリアで高速通信でき快適なWiFi環境になっています。

エリアごとに端末側で回線を自動識別しますので、カバンやバックに入れたままでOKです。

契約縛りのないプランもある

契約縛りのない「端末レンタルプラン 月額3,380円」も用意されています。

このプランはいつ解約しても違約金は0円です。

短期でレンタルするならかなりお得なプランになっています。

端末は中古になりますが、月間データ量は100GBの大容量です。

ポイント

3ヶ月や半年間といった短期でポケットWiFiを持ちたい方におすすめです。

端末費用が0円の無料レンタル

クラウドWiFi東京は、端末が無料レンタルされますので端末費用は一切かかりません。

  • 新品端末レンタルプラン:新品端末
  • 端末レンタルプラン:中古端末

それぞれのプラン共にポケットWiFiで定番のモバイルルーターが送られてきます。

契約時に公的書類は提出不要

ポケットWiFiでは、会社によっては公的書類のコピーの提出を求められます。

免許証や健康保険証の画像を撮り、申し込み時にアップするのは意外と面倒ですよね。

クラウドWiFi東京は契約時に、公的書類(外国人・法人契約を除き)の提出は不要です。

海外でもそのままWiFi利用

クラウドSIMにより海外134ヶ国でWiFiが利用できます。

事前申請や手続きは等も一切不要で、渡航先で端末電源をONにするだけでWiFiへ繋がります。

料金は国によって違い、1日1GBを700円~から利用できます。

利用料金は使った日数分だけで、使っていない日の料金は0円です。

≫ クラウドWiFi東京|公式サイトへ

クラウドWiFi東京 4つのデメリット

クラウドWiFi東京、4つのデメリットと注意点を見ていきましょう。

  • 端末を壊すと再購入費用が高額
  • 3,150円プランは初月日割り未対応
  • 100GB超えると128kbpsの低速
  • 支払いはクレジットカードのみ

端末を壊すと再購入費用が高額

安心補償オプション未加入の場合、端末を壊したり紛失すると端末の再購入費用が発生します。

その際の、再購入費用は25,000円と高額です。

例えば、GlocalMe U3ならYahoo!ショッピングで15,000円前後で売られています。

せめて20,000円前後にしてほしいものです。

3,150円プランは初月日割り未対応

「新品端末レンタルプラン 月額3,150円」は、初回月日割り計算がなくまるまる1ヶ月分掛かります。

日割りが無い為に月途中で契約すると損します。

端末の配達日指定もできませんので、急ぎを除いて月初めの契約をおすすめします。

100GB超えると128kbpsの低速

クラウドWiFi東京は、月間データ量の100GBを超えると128kbpsへ低速化されます。

他社でも月間データ量を超過すると速度制限になりますが、384Mbpsと規制の緩いWiFiもあります。

しかし、クラウドWiFi東京は128kbpsで、メールやSNSが出来ますがネットや動画は使い物にならない速度です。

支払いはクレジットカードのみ

クラウドWiFi東京の支払い方法はクレジットカードのみです。

デビットカード・口座振替・銀行振込といった支払はできません。

このようにカード持っていないと契約できません。

クラウドWiFi東京 評判・口コミ

クラウドWiFi東京のTwitterでの評判と口コミを見ていきましょう。

実測スピードは29Mbpsと高速

クラウドWiFi東京のスピードテストの口コミです。

29Mbpsが計測されているのが分りました。

クラウドWiFi東京GET

この方は、端末が「U2s」なので、契約縛りのない「端末レンタルプラン 3,380円」を契約されたようです。

契約しばりのないプランは格安

この方も、契約しばりの無いプランを利用されているようです。

料金は少し高めになりますが解約違約金0円はメリットですね。

楽天回線にも繋がる

この方は、楽天モバイル回線にも繋がったとの口コミです。

3大キャリア+楽天で、4キャリアの回線を使えることになりますね。

楽天回線の速度は「下り16.54Mbps・上り17.35Mbps」といい感じです。

口コミ:まとめ

クラウドWiFi東京は楽天回線にも繋がるようで、4キャリア全ての電波を利用できることが分りました。

通信速度は下り30Mbps↑↓を計測していますので、快適にインターネットを利用できるスピードです。

楽天の速度は下り16Mbps↑↓と若干遅いようです。

≫ クラウドWiFi東京|公式サイトへ

クラウドWiFi東京 解約について

クラウドWiFi東京の解約について説明していきます。

解約方法

解約する際は、お問い合わせフォームの「端末の解約」からの手続きになります。

解約違約金

「新品端末レンタルプラン 月額3,150円」は、24ヶ月以内で解約すると以下の違約金が発生します。

25ヶ月目以降はいつでも0円で解約できます。

解約違約金
初回月~24ヶ月 9,500円
25ヶ月以降 0円

当月15日までに申請すると当月の解約になります。

16日以降の申請は翌月扱いの解約になります。

端末の返却方法

端末は解約月の翌月3日までに発送する必要があります。

例:5月に解約すると6月3日迄に発送


【端末返送先】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-18-19
新宿税理士ビル第二別館佐竹ビル2F
株式会社ニッチカンパニー
050-8882-6655


クラウドWiFi東京 運営会社

  • サービス名:クラウドWiFi
  • 運営会社:株式会社ニッチカンパニー
  • 所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-18-19 新宿税理士ビル第二別館佐竹ビル2F
  • 電話番号:050-8882-6655
  • ホームページ:https://www.wifi-tokyo-rentalshop.com/

クラウドWiFi東京 まとめ

クラウドWiFi東京には2つのプランが格安で用意されており、使い勝手のよいポケットWiFiになっています。

月額3,150円プランは業界最安値級で、いつでも解約できる月額3,380円プランもありどちらも俊逸な料金設定になっています。

2プランともコスパのよいサービス内容になっています。

Left Caption
「クラウドWiFi東京」の解説はここ迄です!

端末スペック|U2s・U3・G4 PRO

端末仕様

GlocalMe U3・U2s・G4 Pro 仕様
U2s U3 G4 PRO
機種名 U2s U3 G4 PRO
サイズ(mm) 127×65.7×14.2 122x66x10 136×72.2×12
重さ 151g 125g 188g
同時接続台数 5台 10台 5台
下りスピード 最大 150Mbps
上りスピード 最大 50Mbps
連続使用可能時間 12時間
インターフェイス Type-B USB Type-C USB
WiFi規格 2.4GHz IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,500mAh 3,000mAh 3,900mAh
メーカーHP U2s U3 G4 PRO

今月の注目WiFi|MONSTER MOBILE

今月の注目WiFi MONSTER MOBILE

の注目ポケットWiFiは「MONSTER MOBILE」です。

特徴的なのは、容量は月間ギガ数ではなく、1日単位のギガ数になっているところです。

1日3ギガなら、月間最大93ギガを使えることになり、料金設定もそれぞれリーズナブルになっています。

1日のギガ数が動画やVOD(ビデオ・オン・デマンド)の見過ぎで超過した場合、専用アプリでデータチャージができたりします。

チャージ量は500MBなら225円と手頃なのも良いです。

少し残念なのは、翌日にデータ繰り越しができないことです。

MONSTER MOBILE|料金

MONSTER MOBILE 1年契約プラン
月額料金 2,480円 2,980円 3,480円
1日データ量 2GB 3GB 5GB
月間最大可能GB 64GB 93GB 155GB
事務手数料 3,000円(初期費用)
契約期間 1年間
初回月 1ヶ月分(日割りなし)
回線 docomo・au・SoftBank
利用端末 Macaroon M1
端末費用 新品・無料レンタル
端末補償 月額 400円(オプション)
端末発送 当日発送(土日祝を除く)
海外利用 世界90ヶ国
支払方法 クレジットカード
クーリングオフ 8日以内

いつでも解約自由の契約期間のない「縛りなしプラン」はもあり、月額料金はそれぞれ500円プラスになっています。

ポケットWiFi|よくある質問

ポケットWiFiについての疑問点やよくある質問についてまとめてみました。

ポケットWiFi 契約|初期契約解除制度とは

ポケットWiFiのような通信事業者には総務省が定めた「消費者保護ルール」があり、消費者に不利益があった時は契約解除できます。

端末を受け取った日から8日以内であれば「初期契約解除制度」によって無料解約できます。

  • 電波状況著しく悪い
  • 通信速度が著しく遅い
  • 契約内容と乖離している

このように実際に使ってみて「使い物にならない」と思ったらすぐに解約し、他の業者に乗り換えましょう。

手続きは業者によって違いますが、まずは連絡し「初期契約解除制度」をする旨をお伝えください。
手続き方法は、端末と同時に送られてきた契約書面に記載されています。

総務省では電気通信サービスに係るトラブル情報を「情報受付Webフォーム」でも受付ています。

光回線インターネットサービス、ケーブルテレビインターネットサービス、主なプロバイダ(インターネット接続)サービス等、一定の範囲の電気通信サービスの契約については、基本として、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまで、利用者の都合により契約を解除できます(初期契約解除制度)。また、主要な携帯電話サービスについては、8日間以内に申し出て、電波の状況が不十分と判明した場合や契約前の説明等の状況が基準に達しなかったことが分かった場合に、端末も含めて契約解除できます(確認措置)。具体的な申出の方法等については、まず契約書面で確認してください。

引用元:総務省|電気通信消費者情報コーナー

ポケットWiFi エリア|docomo・au・SoftBank・楽天

ポケットWiFiは、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれ、自前の通信設備は持っていません。

そこで、4キャリアのいずれから回線を借りてサービスを提供しています。

いわゆる「格安SIM・格安スマホ」と言われているサービスです。

なお、国内で自前の通信基地局を保有しているのは「docomo・au・SoftBank・楽天」の4社だけです。

ポケットWiFiの利用エリアは各社の「4G LTEエリア」内になります。

下記で各社のサービスエリアを調べることができます。

5Gエリアは、各社ともこれからで現在は限られた1部の地域でしか利用できません。

Posted by hotnow7